【社交ダンス】社交ダンスを始める際の手順と費用【なるべくリーズナブルに始めよう】

この記事は約4分で読めます。

毎度!横井です。

この記事ではタイトルの通り社交ダンスをスタートする際にかかる費用と、どうやってダンスを始めればいいかのご案内をさせて頂きます。

(ダンスの始め方には色々あると思いますが、出来る限り安い方法でスタートを切れる方法を掲載しています。)

ちなみに筆者の私は大学生の時分から競技ダンス(社交ダンス)をスタートしました。

高校生まで野球部で、それまでダンスに関して縁がありませんでした。
10歳くらいの時、地域の獅子舞を無理やり親に踊らせられていたくらいですかね。←ダンスにカウントしていいのか!?

(ちなみに同級生でダントツで社交ダンスのステップを覚えるのも遅かったくらい不器用です汗)

そんな自分でも国内の学生大会で西日本8位海外の国際大会に2度出場ダンス講師として学生時代の月収は30万円程度稼げるまでになりました。

社会人になった今でもレッスンを受けたり、練習したり、副業で社交ダンス講師をしています。

そのくらい社交ダンスに対して真摯に研究しましたので、記事の信頼性は厚いと思って頂いて結構です。

新しい物事をスタートするときは誰でも尻込みしてしまいますが、その不安をこの記事で払拭できればと思います。

【社交ダンスを始める際の手順と費用/概略】

【社交ダンスを始める手順】

①社交ダンス教室に問い合わせして体験レッスンを受けてみる

②近所の区民センターカルチャーセンターなどでレッスンしているかどうか調べてみる


【社交ダンスを始める際の費用】

①服装代(体験レッスンだと動きやすい服装で大丈夫なところが多い)始めたてはシューズも体育館シューズ程度で大丈夫なため、ほぼ0円からのスタートも可能。

②体験レッスン代(1000円〜2000円程度 無料の施設もあり)

【社交ダンス/始め方/詳細】

基本的に社交ダンス教室にはHPがあると思いますので、そこで検索して頂いて気に入った教室の先生からレッスンを受けてみるのがいいかと思います。

まずは踊って身体を動かしてみることから始まります。

ダンスを始めたり、続ける上で一番大切なのが先生との相性だと私は思います。
(自分がダンスを継続できたのは学生時代にお世話になった教室の先生方のおかげがかなり大きい。)

特にダンス未経験者だと勝手や作法もわからないので、どんな先生と踊るかが大切になってくるのではないかと思います。

また、最寄駅や職場の近くで気に入ったダンス教室を見つけられると継続しやすいですね。

区民センターやカルチャーセンターでも社交ダンスのレッスンを行っている場合があります。

地域自治体やHP、場所の掲示板にアナログで掲載されていたりするので気になる方はそちらを入り口とするのも有りではないかと思います。

【社交ダンス/始め方/費用】

ダンスを始める際に気になるのがなんといってもお値段ですよね。

どのような先生に習うかで料金は変わってきますが、体験レッスンだとどの教室も30分で1000円〜2000円程度で設定されているところが多いかなという印象です。

ちなみに通常レッスンだと30分4000円〜5000円程度の設定が多いという印象です。
(※先生の競技会の階級別でレッスン費用も異なりますので、そこはご自分で習いたい教室のHPをご覧になって頂いた方がいいです。)

服装は運動できる格好でしたら大丈夫です。
どうしても服装が気になる方は黒のTシャツ+黒のパンツスタイルだと間違いないかと思います。

豆知識:なぜか社交ダンス業界は黒色と赤色を好む方が多い。
(あと大阪は豹柄多め)←地域性出ます。
(ちなみに京都は着物でダンスパーティにご出席される方もちらほらお見受けします)

まとめ(社交ダンスを手っ取り早くリーズナブルに始めるなら)

社交ダンスを始めたいと思ったらやることをまとめます。

①ダンス教室、区民センター、カルチャーセンターなどどこでもいいのでまず踊ってみる

②初期費用はそんなにかからない(体験レッスン料に加えて、服装代やシューズ代程度)
服装やシューズは家にあるもので構わないのでまずはダンスができる環境に飛び込んでみることですね。

以上でこの記事は終了となります。

質問やお問い合わせなどはお問い合わせボックス、もしくは私のインスタグラムから頂けるとありがたいです。

ヨコブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
miyabi-313をフォローする
【SDS鈴木ダンススタジオへようこそ!】